お役立ち - 腸活のメリットとは?簡単腸活メソッドをご紹介します◎- dowUp ONLINE SHOP

腸活のメリットとは?簡単腸活メソッドをご紹介します

腸活は、腸内環境を整えるだけでなく、健康や美容、そして免疫力アップにも大変効果的です。この記事では、腸活のメリットやデメリット、そして今日から始められる簡単腸活メソッドについて解説しています。ぜひ参考にしてください。

腸活とは?

腸活とは、バランスの取れた食生活や適度な運動などによって、腸内環境を整えることを言います。

「腸活って、お腹の調子を整えるだけでしょ?」と考えがちですが、腸内細菌が全身の健康や美容と密接に関係していることがわかっています。また、腸内環境を整えることは免疫力を高めることにもつながります。

つまり腸活は、健康や美容、そして免疫力アップにも大いに役立っているのです。そして、この腸活の本質は、腸内フローラを豊かにすることにあります。

腸内フローラって何?

腸内フローラとは、特に小腸から大腸にかけて生息している多種多様な細菌たちのことで、その数はなんと、約1000種類、約100兆個にも及びます。そして、この細菌たちを顕微鏡で覗くと、その姿がまるでお花畑(flora)に見えることから、腸内フローラと呼ばれるようになりました。


■ 腸内フローラを整える方法

では、どうすれば腸内フローラを整えることができるのでしょうか?大切なのは、体に良い働きをする「善玉菌」と、悪い働きをする「悪玉菌」、そしてどちらにも属さない「日和見菌」のバランスを最適な状態に保つことです。

しかし、この腸内細菌のバランスが崩れると、体にとって良い働きをする善玉菌が減少し、逆に悪い働きをする悪玉菌が増加します。悪玉菌が増えると、便秘や下痢などを発症させ、さらには全身の健康にも悪影響を与えます。ですので、減少してしまった善玉菌を増やし育むことが、腸内フローラを整える第一歩となります。

腸活のメリット4選

腸活には、お腹の調子を整えるだけでなく、健康や美容など多くのメリットがあります。

■ お通じ改善

腸内フローラを整えると、腸の動きが活発になり、便秘や下痢などのお通じ改善につながります。また、腸内環境が整うと、体内の余計な脂質や糖を体外に排出するため、ダイエットにも効果的です。

■ 免疫力アップ

腸内には体の免疫細胞の約6〜7割が存在しています。そのため、腸内フローラを整えることは、免疫細胞の活性化につながるとされています。これにより、感染症などにかかりにくくなり、アレルギー症状の緩和にも有効です。

■ 肌荒れ改善

悪玉菌が作る有害物質には、ニキビや吹き出物など、肌トラブルの原因となるものがあります。ですので、腸活で悪玉菌が減少すると、肌荒れの改善につながり、美肌を手に入れることにつながります。腸内フローラを整えることは、美容にも効果大です。

■ メンタルケア

脳と腸は、自律神経によってつながっています。例えば、幸せホルモンのセロトニンは約80%が腸内で作られているため、腸内環境が悪化するとメンタルヘルスに悪影響を与えます。腸内環境を整えることは、メンタルを整えることにもなるのです。

腸活にデメリットはある?

このように、たくさんのメリットがある腸活ですが、デメリットはあるのでしょうか?結論から言うと、腸活そのものにはデメリットはありません。

しかし、腸活を意識しすぎて偏った食生活をすると、逆に腸内環境を悪化させ、下痢などにつながります。 また、あまりに厳しく腸活を義務化してしまうと、それがストレスとなり、腸内フローラの働きを抑制してしまうこともあります。

ですので、無理をせず、自分のできる範囲で腸活を行っていくのが大切です。

今日から始められる!4つの簡単腸活メソッド

それでは、今日から始められる簡単腸活メソッドをご紹介します。

①十分な睡眠

まずは、十分な睡眠です。腸の働きは、自律神経によってコントロールされています。そして、この自律神経の働きを整え、正しく働くようにしているのが睡眠です。ですので、毎日決まった時間に就寝し、十分な睡眠時間を確保することにつとめましょう。

②適度な運動

腸の動きを良くするには、適度な運動も大切です。運動によって腸の筋肉を刺激することで、蠕動運動を促すことにつながります。軽いウォーキングやジョギングなど、適度に汗をかくものが効果的です。また、ストレッチやスクワットなども腸の筋肉にアプローチすることができます。

③腸マッサージ

朝起きたとき、腸のマッサージをするのも有効です。朝起きてすぐ腸をマッサージすると、排便が促されます。やり方は、右の骨盤の内側から大きく円をかくように腸を優しくマッサージします。さらに、このときに常温の水を一杯飲むと、より蠕動運動が活発になり効果的です。

④食事で整える

生きた善玉菌を含む食品(プロバイオティクス)と、善玉菌のエサになる食品(プレバイオティクス)を一緒に摂ることを意識しましょう。プロバイオティクスを多く含む食品は、主に発酵食品です。納豆やヨーグルト、キムチなどを摂取することで、善玉菌を増やすことにつながります。

また、プロバイオティクスと一緒に食物繊維を摂取すると、腸内で菌数を増やす助けになります。特に、善玉菌のエサになりやすい発酵性食物繊維を多く含む食品を摂ると、善玉菌の働きを活発にすることにつながります。代表的な商品は、海藻類やさつまいも、そしてオートミールなどを積極的に摂るといいでしょう。

まとめ

腸活は健康だけでなく、美容や感染予防にも大いに役立ちます。継続することで、体調不良や病気に負けない体づくりをすることが可能です。ぜひ、腸活をご自分の生活に取り入れてみてください。

ブログに戻る